大阪女学院高等学校偏差値・入試・学校情報サイト 大阪府高校受験辞典
府立高校

大阪女学院高等学校の偏差値入試学校情報

大阪女学院高等学校偏差値,特色,入試倍率などを掲載しています。

大阪府私立高校の偏差値情報

 U U  U Clip to Evernote U 

私立 大阪女学院高等学校

大阪府高校受験辞典


大きな地図で見る

スポンサードリンク
大阪女学院高等学校の偏差値・入試倍率など受験に役立つ情報を紹介!

大阪女学院高等学校

私立高校 大阪府高校受験辞典

<住所>
 〒540-0004 大阪市中央区玉造2丁目26−54
 電話番号06-6761-4113
 ■JR
 環状線「玉造」駅より徒歩約8分
 ■地下鉄
 鶴見緑地線「玉造」駅より徒歩約3分
 地下鉄中央線、環状線「森ノ宮」駅より徒歩12分

<教育理念>

 キリスト教に基づく教育をめざし、神をおそれ、真理を追求し、愛と奉仕の精神で社会に貢献できる人間を育成する。

<教育の特色>
 通知表の評価形式は絶対評価に相対評価を加味。席次は発表しない。成績優秀者の表彰制度はない。習熟度別クラスは設置していない。
 外国人教師による英会話授業もある。補習は希望者に対し毎日のようにある。夏期、冬期休暇中に希望者に補習を行う。キリスト教に基づく教育をしている。

<教育目標>

 愛と奉仕の精神で社会に貢献できる女性の育成をめざす。

<コース特色>
 ○普通科 文系コース
 人文科学系、社会科学系、芸術学系の学部への進学希望者のためのコースです。
 希望学部の受験に必要な科目を強化し、学習指導要領に沿ったゆとりあるカリキュラム編成になっています。
 必要に応じて各年次で、科目選択が可能です。とくに3年次には私立大学を目指すT型と、国公立大学を目指すU型とに分かれ、受験に対応した学力を養成します。
 ○普通科 理系コース
 医療系、理工学系、農学系などの学部への進学希望者のためのコースです。
 理数系の授業時間数が豊富で、実験や観察、演習などを通して、将来、科学分野を志す人にとって科学的な基礎が培われる内容になっています。
 文系コースと同様に3年次になると、私立大学を目指すT型と国公立大学を目指すU型に分かれます。
 ○英語科
 大阪女学院独自の専門学科として、英語に関して「読む」「書く」「聞く」「話す」技能を高度なレベルで学習、習得します。
 英語の授業時間数が多いことはもちろん、授業以外でのレポート作成をすべて英語で行うなど、英語を使う機会を増やすことで英語力を身につけ、最終的に英語を聞き、英語で考え、英語で自分の考えを発表できる、ディベート能力の獲得を目指します。2年次から私立大学を目指すT型と国公立大学を目指すU型に分かれます。

<募集人員>

普通科・英語科・・・約340名

<検定料>
20,000円

<入試科目>
普通科文系・英語科:国語・英語・数学
普通科理系:国語・英語・数学・理科
面接(専願者のみグループ面接)
※英語にリスニングテストはありません。

<学費>
入学金:200,000円
授業料:633,000円
※その他諸経費等別途あり

<偏差値>
  68[英語] 68[理系] 68[文系]


スポンサードリンク


大阪府高校受験辞典

大阪女学院高等学校偏差値・学費・入試倍率など入試学校情報を紹介しています。
ページ上部へ

Copyright (C) 偏差値入試学校情報 大阪府高校受験辞典 All Rights Reserved.